FC2ブログ
数学面白講座のブログ(2)です。活動のお知らせをします。
数学面白クラブ関係の会の開催時期を記します。
2012/2/1 10:00~ 有限体と完全数のお話 三鷹NW大学
2012/2/16 10:00~ 数学面白クラブ 武蔵野市民スペース
2012/2/26 10:30~ Galoaセミナ 武蔵野プレース
2012/3/7 10:00~ 素数の不思議 三鷹NW大学
2012/3/16 10:00~ 数学面白クラブ  武蔵野市民スペース
2012/3/25 10:30~ Galoaセミナ 武蔵野プレース
以上です。皆さまふるって参加しましょう。
小林一章
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/01/28 21:19] | 開催情報
トラックバック:(0) |
数学面白クラブ2月の例会お知らせ

場所:武蔵野かたらいの道市民スぺース
日時:2月16日10:00~12:00
話題:3次方程式のガロア理論
話者:後藤氏
以上

[2012/01/23 13:46] | 開催情報
トラックバック:(0) |
昨年2011年10月25日はガロア生誕200周年でした.
そんなことで、数学面白クラブの自主トレとして、これからの1年間、毎月第3日曜日午後有志が集まって、「ガロアの数学」に挑戦することになりました.
小林一章先生のご指導の下、数学の基礎体力を飛躍的に向上させたいものと思っております.
どなたでも随時参加できますが、数学面白クラブに登録されていない方は、前日迄にeメールで後藤までご連絡下さい.

名称:第1回ガロア記念セミナー
日時:1月22日 日曜日 13:30~16:00
内容:ガロア理論の初歩ー3次方程式でざっくり理解(後藤)
   4次、5次方程式の計算事例(秋山)
場所:武蔵野プレイス http://www.musashino.or.jp/place/_1187.html
   3F スペースD(定員20名)
   JR中央線武蔵境駅南口(徒歩1分)
連絡先:後藤文夫(gotoufumio@mac.com)

当日は3Fエレベータ前の掲示板に「数学面白クラブ 第一回ガロア記念セミナー」の案内(張り紙)を掲示します。

[2012/01/19 09:28] | 開催情報
トラックバック:(0) |
数学面白クラブ
数学面白クラブ1月の例会を開きます。今回は
三鷹NW大学で10,11,12月と3回に
わたって話をした群論の話で時間切れになり、
話せなかった事を話す予定です。

日時:1月19日(木) 10:00より
場所:武蔵野市民スペースかたらいの道
参加料:¥300
話者:小林一章
話題:群論の話

FC2blog テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/01/12 09:49] | 開催情報
トラックバック:(0) |
数学面白クラブ

第8回数学面白クラブの例会を以下のように開催します。
日時:2011年12月9日10:00より
場所:武蔵野市かたらいの道市民スペース
参加費:¥300

今回は後藤さんにガロア理論の初歩をお話しいただく予定です。
今年はガロア生誕200年です。ガロア理論をやさしいところから
勉強始めていきたいと思っています。


2011-11-18(08:30)



数学面白クラブ第7回(訂正版)

数学面白クラブ第7回のお知らせです。
11月17日(木)10:00から武蔵野市かたらいの道市民スペースで行います。


2011-11-14(10:15)



第7回 数学面白クラブ

第7回の数学面白クラブを11月10日10:00から
行います。今回は西園寺さんのお話を予定しています。
場所は武蔵野市かたらいの道市民スペース。

しばらくこのブログを利用していなかったので第1回から
第6回までのことを簡単に記します。

第1回2011-5 数学的無限とは何か(小林)
第2回2011-6 4元数の話(後藤)
第3回2011-7 給与、ボーナスの決定方法(山田)
第4回2011-8 電車、列車は何故曲がれるか(丹羽)
第5回2011-9 宇宙のハッブル定数について(平田)
 (以上三鷹産業プラザ、以下より武蔵野市かたらいの道市民スペース)
第6回2011-10 脳とコンピュータについて(秋山)
第7回2011-11 


2011-10-31(18:37)



数学面白クラブ第3回のおしらせ

第3回

日程 平成23年8月10日(水)
時間 10:00~11:30
場所 三鷹市産業プラザ7階 702会議室
参加料 500円

概要
参加者みんなが考えている事を発表しあいましょう。

事前のお申込みは不要です。
直接会場にご来場ください。


2011-06-15(14:10)



数学面白クラブ第2回のおしらせ

第2回

日程 平成23年7月8日(金)
時間 10:00~11:30
場所 三鷹市産業プラザ7階 702会議室
参加料 500円

概要
参加者みんなが考えている事を発表しあいましょう。

事前のお申込みは不要です。
直接会場にご来場ください。


2011-06-04(22:30)



数学面白クラブはじめます!

第1回

日程 平成23年6月8日(水)
時間 10:00~11:30
場所 三鷹市産業プラザ 7階702会議室
参加料 500円

テーマ


概要
参加者みんなが考えている事を発表しあいましょう。

講師のプロフィール
小林 一章(こばやし かずあき)氏
東京女子大学名誉教授

1940年東京生まれ。早稲田大学理工学研究科卒業。
神戸大学、北海道大学を経て、
84年から東京女子大学文理学部数理学科教授。
2009年より同大学名誉教授。
専門は位相幾何学で80年代後半より結び目の研究を始め、
その後空間グラフの研究に重心を移す。
著書に「曲面と結び目のトポロジー」(朝倉書店)、
「空間グラフの理論」(培風館)など。
04年より(財)数学オリンピック財団理事長を兼務。


2011-06-04(22:21)



第2回のお知らせ

第2回のお知らせです。

テーマ   「数学的無限とは何か」
日 時   5月18日(水) 10:00~12:00 (受付開始は9:30)
場 所   三鷹市産業プラザ 7階703会議室
参加費   1000円
定 員   30名


事前のお申込みは不要です。
当日会場へお越しください。



【第2回の内容】
参考文献によると現在では無限と一口に言っても、
「数学的無限」、「物理的無限」、「形而上学的無限」
の少なくとも三つの無限が考えられるそうです。

例えば、宇宙の大きさや年齢は有限であるとか、
物質は無限に分割可能かというのは、物理的無限であり、
神の能力の無限性とか、真理の無限性とか言ったものは
形而上学的無限に属するものです。

勿論歴史的には昔は三つの無限は、未分化でした。
それでは、現在「数学的無限」に属すると思われるのは
どのようなものなのでしょう。

ギリシャ時代のゼノンのパラドックスから、解析を中心に
発達してきた微分積分まで易しくお話をしてみたいと思います。
 
※ゼノンのパラドックス


【講師のプロフィール】
小林 一章(こばやし かずあき)氏
東京女子大学名誉教授

1940年東京生まれ。早稲田大学理工学研究科卒業。
神戸大学、北海道大学を経て、
84年から東京女子大学文理学部数理学科教授。
2009年より同大学名誉教授。
専門は位相幾何学で80年代後半より結び目の研究を始め、
その後空間グラフの研究に重心を移す。
著書に「曲面と結び目のトポロジー」(朝倉書店)、
「空間グラフの理論」(培風館)など。
04年より(財)数学オリンピック財団理事長を兼務。

【講座について】
私たちが生活する中に、実は沢山の数学が使われています。
身の回りの事柄を「数学」で表しながら、
幅広いテーマを選んでお話していきます。

出来るだけ予備知識を必要としないように、
必要な知識は講座の中で説明していく予定です。
 
数学が好きな方、数学で語り合う仲間を見つけたい方、
久しぶりに勉強したい方、数学には興味が有るけど
難しそうだなと思う方、ぜひお集まりください。

参加する皆さんの経験による数学的な話もお聞かせください。
面白いお話を持ち寄りながら講座を盛り上げていきましょう。


2011-03-19(12:57)



第1回のお知らせ

数学面白講座のブログ始めました!

みなさま、ご訪問ありがとうございます。

第1回のお知らせです。

テーマ   「4次元をのぞいて見よう」
日 時   4月8日(金) 10:00~12:00 (受付開始は9:30)
場 所   三鷹市産業プラザ 7階703会議室
参加費   1500円
定 員   30名


事前のお申込みは不要です。
当日会場へお越しください。



【第1回の内容】
物理では空間3次元と時間1次元を合わせて4次元というのが
常識ですが、数学ではどうでしょう。

直線、平面、空間で1,2,3次元までは物理と同じで
理解できると思いますが、4次元はどうでしょうか。

結び目、絡み目は3次元ではほどけませんが、
ちょうど野原に小川が流れている時、
そのままでは川を渡ることは出来ませんが、
橋をかけると渡れてしまいます。

それと同じで、4次元では全ての結び目、
絡み目はほどけてしまいます。
このことをやさしくお話ししてみようと思います。
 

【講師のプロフィール】
小林 一章(こばやし かずあき)氏
東京女子大学名誉教授

1940年東京生まれ。早稲田大学理工学研究科卒業。
神戸大学、北海道大学を経て、
84年から東京女子大学文理学部数理学科教授。
2009年より同大学名誉教授。
専門は位相幾何学で80年代後半より結び目の研究を始め、
その後空間グラフの研究に重心を移す。
著書に「曲面と結び目のトポロジー」(朝倉書店)、
「空間グラフの理論」(培風館)など。
04年より(財)数学オリンピック財団理事長を兼務。


【講座について】
私たちが生活する中に、実は沢山の数学が使われています。
身の回りの事柄を「数学」で表しながら、
幅広いテーマを選んでお話していきます。

出来るだけ予備知識を必要としないように、
必要な知識は講座の中で説明していく予定です。
 
数学が好きな方、数学で語り合う仲間を見つけたい方、
久しぶりに勉強したい方、数学には興味が有るけど
難しそうだなと思う方、ぜひお集まりください。

参加する皆さんの経験による数学的な話もお聞かせください。
面白いお話を持ち寄りながら講座を盛り上げていきましょう。


2011-02-23(14:21)

[2012/01/11 19:26] | 開催情報
トラックバック:(0) |